【iOS】機種変更をします。ローカルの本棚のデータ移行方法を教えてください

はじめに

iOS版SideBooksでは、ローカルの本棚のデータ移行方法は次の2通りあります。

  • 本棚バックアップを利用する
  • iTunesを利用する

本棚バックアップを利用する

iOS版SideBooksでは、「本棚バックアップ」を利用することで、ローカルの本棚のファイルがiCloud及びiTunesのバックアップ対象になります。

新しい端末を、「iCloudバックアップから復元」、または「iTunesバックアップから復元」することで、ローカルの本棚のデータを新しい端末に移行できます。「本棚バックアップ」を利用したデータ移行手順は次の通りです。

  • iOS版SideBooksで「本棚バックアップ」をONにする
  • iCloud、またはiTunesを利用してバックアップを作成する
  • 新しい端末を、作成したiCloudバックアップ、またはiTunesバックアップから復元する

本棚バックアップを利用する場合の注意事項

「本棚バックアップ」を利用したデータ移行の注意事項は次の通りです。

  • iCloudの空き容量が不足している場合、iCloudにバックアップされません
  • iCloud、またはiTunesを利用したバックアップ方法は、Appleサポートサイトを参照してください
  • iCloud、またはiTunesを利用したバックアップ復元方法は、Appleサポートサイトを参照してください

SideBooksの本棚バックアップをONにする

SideBooksの本棚バックアップをONにする手順は、次の通りです。

  • SideBooksアプリを起動する
  • 画面下部メニューの中から「設定」をタップ
  • 「設定」の中から本棚バックアップをONにします

SideBooksアプリを起動して、画面下部メニューの中から「設定」をタップしてください。

次に、「設定」の中から「本棚バックアップ」をタップしてください。ダイアログが出現しますが、「はい」をタップすると「本棚バックアップ」が有効になります。

バックアップされるSideBooksの容量を確認する

バックアップされるSideBooksの容量は、iOS端末の設定アプリから確認できます。ローカルの本棚にファイルが存在する状態で、本棚バックアップをONにすると下の画像のようにバックアップされる容量が増えます。

バックアップされるSideBooksの容量を確認する手順は次の通りです。

  • iOS端末の設定アプリを起動する
  • 「ユーザー名」をタップ
  • 「iCloud」をタップ
  • 「ストレージを管理」をタップ
  • 「バックアップ」をタップ
  • 利用中のiPadのバックアップをタップ

iTunesを利用する

iOS版SideBooksでは、iTunesを利用することで、ローカルの本棚のファイルをPCに転送できます。ただし、しおりやメモは引き継がれません。iTunesを利用したデータ移行手順は次の通りです。

  • iTunesを利用して、iOS端末上のファイルをPCに取り出す
  • iTunesを利用して、PC上のファイルを新しいiOS端末に送る

iTunesを利用する場合の注意事項

iTunesを利用してデータ移行するために必要なものは次の通りです。

  • iTunesがインストールされたPC
  • ファイルを取り出したいiOS端末
  • Lightning-USBケーブル(PCとiOS端末を接続する)

iTunesを利用してiOS端末上のファイルをPCに取り出す

iTunesを利用してファイルを転送する手順は、次の通りです。まずは、下記2つの操作を実施してください。

  • Lightning-USBケーブルを利用してPCとiOS端末を接続する
  • iTunesを起動する

iTunesを起動すると、下の画像のような画面が出現します。次に、iTunesの画面上部にある、「端末」のアイコンをクリックしてください。

次に、iTunesの画面左側にある、「ファイル共有」をクリックしてください。

次に、iTunesの画面中央にある、「SideBooks」をクリックしてください。

次に、iTunesの画面中央にある、「SideBooksの書類」からPC上にファイルをドラッグ&ドロップしてください。

以上の操作を実施することで、iOS端末からPCにファイルが転送されます。

また、iTunesを利用してiOS端末にファイルを転送する詳しい手順は、こちらご覧ください。